キャピキシル育毛剤はミノキシジル育毛剤の3倍の効果があるのか?

3bai

今、育毛業界で大注目のキャピキシル。その注目の理由は薄毛治療で最も効果的と言われているミノキシジルの3倍の効果を持つ天然成分だからです。ただ、ミノキシジルの3倍の効果と言われている根拠は一体どこにあるのでしょうか?

キャピキシジルがミノキシジルの3倍の効果と言われている根拠

キャピキシルはLUCAS MEYER COSMETICS社というカナダの化粧品会社で開発された成分です。この開発元のLUCAS MEYER COSMETICS社の調査によると「ミノキシジルとキャピキシジルを同条件の毛髪細胞に実験した結果、細胞組織の発毛反応がミノキシジルの3倍得られた」と報告しています。おそらく、この部分でキャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があるといわれている根拠です。ですが、キャピキシルがミノキシジルのすべてにおいて優れているというわけではありません。

キャピキシル育毛剤とミノキシジル育毛剤の違い

育毛へのアプローチ

キャピキシル育毛剤・・・キャピキシル育毛剤は薄毛の原因でもある男性ホルモンによる毛根衰退を抑制し、ヘアサイクルの狂いを止めて移出した毛母細胞を改善させて発毛を促します。

 

ミノキシジル育毛剤・・・ミノキシジル育毛剤は毛細血管の拡張を行い、血流を良くして髪に栄養分を送る働きを良くし、その上毛母細胞を活性化させることで発毛を促します。

 

つまり、ミノキシジルは発毛を促進する効果だけしかないのに対して、キャピキシルは発毛促進加えて脱毛の抑制効果もあります。

 

副作用

キャピキシル育毛剤・・・キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドを含む天然成分から構成されているので副作用がない
ミノキシジル育毛剤・・・ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発されたが、その後に発毛効果が確認され発毛剤に転用されるようになりました。成分としては医薬品ベースの為、頭痛、多毛症、性欲減退などの副作用があります。

まとめ

キャピキシルは開発元の研究データによるとミノキシジルの3倍の発毛効果が報告されているが、それに加えて、、ミノキシジルにはない脱毛抑制効果もある。また、ミノキシジルの最大の欠点でもあった副作用についても、キャピキシルには存在しない為、育毛業界で大注目の成分となっている。もし、開発元の実験の結果が本当であればミノキシジルの3倍の効果がある上に副作用がないのでキャピキシル成分を含む育毛剤にはかなり期待が持てそうです。
⇒キャピキシル成分を含む育毛剤フィンジアの体験談はこちら

コメントは受け付けていません。